数十年の努力に経て、CHINTAIはもはや台湾国内有数のマットレス専門会社に成長してきました。1966年、CHINTAIの前身「進泰弾簧廠」は台南市に創立されました。その中心業務はマットレス用のスプリングの製造と販売でした。独特なコイル開発技術と量産技術により、短い期間に、CHINTAIはマットレス業界に名声を響き渡り...

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Chintaiについて  

 
  数十年の努力に経て、CHINTAIはもはや台湾国内有数のマットレス専門会社に成長してきました。1966年、CHINTAIの前身「進泰弾簧廠」は台南市に創立されました。その中心業務はマットレス用のスプリングの製造と販売でした。独特なコイル開発技術と量産技術により、短い期間に、CHINTAIはマットレス業界に名声を響き渡り、マットレス用スプリングの主な供給会社になりました。

1972年、マットレスのコア技術―スプリングの開発、製造―の把握により、CHINTAIはマットレス業界に進出し、自社ブランドのスプリングベッドを市場に出し、直ちに好評を博するのである。営業範囲の拡大につれ、CHINTAIの業務量もハイペースで増えている。が、マットレスに注ぎ込む情熱は減ることがありません。『一意専心は卓越の唯一の道』は創業以来不変の信念である。この信念に基づき、CHINTAIは積極的に新技術、新製品を開発すると同時に海外市場にも進出します。「一流の国際企業になれ」−これは自社に対して課した使命である。

一方、集中化戦略のもとでCHINTAIはいつもマットレス市場に専念しています。有限な企業資源をマットレス市場にフォーカスし、関連のない業界から注意を逸らさないように努力しています。総じて、CHINTAIの企業特性として、次ぎのように挙げられます。

  • マットレスのコア技術を確りもつこと
  • 集中化戦略をとること
  • バリューチェーンの垂直統合
  • 広い国際視野をもつこと

 特定の需要に商品やサービスを提供し、満足するのは企業存立のもとです。ですから、卓越、パーフェクトへの追求はCHINTAIの目標であり、社会に対し果たすべき責任でもある。